MMTについて(今、日本は借金大国だーって言われてるけどそれって全部嘘でしたー )

MMTについて、ちょっと調べたので自分なりの解釈でまとめました。興味ない方にはどうでも良い話なのでスルーで。MMT専門家ごめんなさい。
MMTって何だよって思う方がいればお役に立てるかもです。また、それ間違ってるとか言う方とも話したいです。

総論
今、日本は借金大国だーって言われてるけどそれって全部嘘でしたー
byMMT

何でか。
日本が借りる借金には、二種あって、外国から借りる資産、国債発行して調達する資産があるって言われる。
外国から借りる資産は返済義務がある。これが借りすぎると破綻するんだ。

でも、国債の場合自国建てとなるので、形が異なる。

これは、国債発行してなんだか悪いイメージがあるけど実はこれは借金ではない。単純に市場にお金流しているだけ。

返す義務無いから、破綻しないんだ。

つまりじゃぶじゃぶ発行して良い。そうすると、市場にお金が流通してみんな潤う。

するとインフレになるんだ。
物価上昇。

でも放ったらかしではいけない。じゃぶじゃぶどんどん物価上昇。

そこでブレーキ。増税。

つまり、市場からお金を吸い上げる訳だね。

政府は心臓の役割をしないといけない。という事。

デフレの時は、アクセルで国債発行、インフレで市場にお金出回ったら、ブレーキで増税。こういう仕組み。

これがMMTだって。

今の財務省は、この理論に基づいて無いから、デフレだけど政府の借金増えてる、増税して税収増やさないと!ってなってるんだ。

だから日本政府における今すべき事は、減税、そして国債購入、これが景気アクセルだ。

という事だ。

つまり、日本政府が発行する国債はそりゃ借金じゃない。つう事。従って破綻も無い。

と言うお金の解釈論。

続き
貨幣が増えるとインフレになるのでは問題。
そう、今はインフレターゲット2%を目標としている。つまりあげたいモード。
現在のインフレ率は、1.07。倍。
では、ハイパーインフレになる可能性はあるのか?
今はない。
なる可能性としては、日本やばいってなって円を全員引き上げた時、あるいは戦争などで工場がボコボコになって物資供給ができなくなった場合。
2-4%ほどのインフレ状態とはどんな状態か。
工場がどんどん立てられる。日本発新技術がどんどん発展する。国内投資熱が増える。終身雇用が増える。安定職が増える。未来に希望が持てる。
インフレ率が4%超え出すとバブルになり始めに増税。増税し水を入れて熱を冷ます。
こんな感じらしい。
今なら、国は新規産業に全体的に投資すべきだな。
ただ、じゃぶじゃぶと無管理状態はいけない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です